カードローンなどのキャッシングに関する貸金業法の改正によって、お金を借りられる額に上限が設けられることになりました。いわゆる「総量規制」というルールですが、最初に導入が決まった時には、もうお金を借りられなくなるんじゃないか、という不安の声が出ていたものです。

しかし、実際にはそれほど混乱は起こらず、逆にお金を借りすぎないように心がけられて良かったという評価の声も上がるようになっています。

この総量規制を簡単に言うと年収の1/3を超えるお金を借りることはできない、というものです。ですから、収入が少ない人ほど借りられる金額は減ってしまいますし、上限に達する可能性も高くなっています。このルールはもともと、借りすぎてしまう人を守るために設けられたものですから、利便性を下げるという性質もものではありません。

そして、多くの方にとって年収の1/3という額はかなりの大金になるはずですので、そこまで借りるケースはほとんどないと言って良いでしょう。

つまり、総量規制に引っかかる人は、かなりのキャッシング依存や多重債務に陥っている方に限られます。ですから、普通に利用している人は気兼ねをすることなく利用を続けても全く問題ありません。