カードローンを利用するまでは、消費者金融などに抵抗感を持っていましたし、自分がまさか利用することになるとは思っていませんでした。

しかし、主人の会社の景気が悪くなりちょうど子供の教育費が掛かる時期に給料が減ってしまい、本当に家計が苦しくなってしまいました。

私もパートを二つ掛け持ちして働いていましたが、子供に掛かる教育費が高くなり余裕が全くありませんでした。

悪いことは続くもので、そんな時に主人が腹痛を訴えて病院行くと入院することになってしまいました。

お金に余裕がないのに入院は、経済的にピンチに陥りました。

入院費の工面をしようにも貯金がなく、どうすることも出来ませんでした。

親に頼もうかとも思いましたが、高齢の親にお金の相談は出来ませんでした。

そんな時に目にしたのが、消費者金融のネットの広告でした。

消費者金融を利用するのは、抵抗感がありましたが、このピンチを乗り切るには仕方がないと思いました。

インターネットから大手消費者金融に借入の申込を行いました。

審査の時には、パートなので審査に通過出来るか心配でした。

しかし消費者金融の人に聞くと担当者の人が、個人名で電話をするだけだときちんと説明してくれたので安心出来ました。

また、勤め先に掛かる在籍確認の電話が心配がありました。

しかし、無事に審査に通りお金を借りることが出来ました。

その借りたおかげで入院費も支払うことが出来ましたし、家計のピンチを乗り切ることも出来ました。

お金の返済も、借りた金額が大きくなかったので短期間で返済することが出来て救われました。

返済もコンビニのATMが利用出来たので、返済の手間も掛かりませんでした。

消費者金融を実際に利用するまでは、敷居が高いイメージでしたが、実際に使ってみると保証人なども必要ありませんし、ネットから申し込むことが出来たので本当に助かりました。

返済出来る金額を借りるのなら、カードローンはとても便利だと感じました。