融資や個人の事情により、お金を借りたいと思われる方も多くおられると思います。お金を借りる際にカードローンを利用してお金を借りることもありますが、審査に通らなければカードローンでお金を借りることができません。

審査は誰でも通ると言うわけではなくて、審査に落ちてしまうこともあります。審査に落ちてしまうのはなぜか?審査に通るためにはどこを見られるのか?と言う点に疑問を抱くかもしれません。

どのようにすれば審査を通るようになるのか要点やポイントなどを紹介していきます。

カードローンの審査

カードローンでお金を借りる際は審査をしてもらう必要があります。審査をしてもらう際は申し込みをする必要があります。審査の申し込みはネットから行うことができます。

この申し込みの審査はコンピュータで機械的に審査をする仮審査をします。

その後に仮審査を通過することができれば、担当者が申し込み内容や本人確認書類などをチェックして、勤務先にも電話をして勤務状況を確認して本審査に入ります。仮審査ではコンピュータが申し込み内容を判断して申し込み条件に合わない人を落とします。

入力項目では

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号
  • 固定電話の有無
  • メールアドレス
  • 運転免許証の有無

が申し込み者本人についての項目になります。

住居・家族については

  • 自宅
  • 持ち家か家賃
  • 子供の有無

があります。

勤務先については

  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先の規模
  • 入社時期
  • 雇用形態
  • 年収

となります。

他にも

  • 保険証の種類
  • 他者での借入金額
  • 希望借入額

などもあります。

たくさんの申し込み入力内容があるかと思われるかもしれませんが、どれも基本的な内容となっており難しいことではありません。

またカードローンの審査を通過するには20歳以上であることが基本です。年齢の上限は各消費者金融カードローンによって違いがありますが、大体69歳または70歳までになっています。

これらの内容を踏まえてカードローンの審査を行うことになります。この入力内容で条件を満たしていなければ仮審査の段階で落ちてしまいます。

仮審査に通ることができれば担当者が行う本審査に入ります。本審査の場合は申し込み内容以外に本人確認書類や収入証明書類、信用情報機関から取り寄せる信用情報を元に行われます。

本人確認書類では

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

収入証明類では

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書

などがあります。

これらから審査の結果が出てきます。審査の結果はメールや電話でありカードローンを契約して借入を行うことができます。

このような流れでカードローンの審査を行うことができます。

カードローンの審査を通りやすくするには

カードローンの審査を通りやすくするには提出する書類をしっかり準備しておく必要があります。本人確認書類と収入証明書は不備なく準備して提出することが大事です。ここで変な対応をしてしまうとカードローン会社から不審に思われてしまい、お金の借し入れができなくなることもあります。

また、カードローン会社には申し込み条件としていろいろ条件を出してきますが、特に重要視している点としては、

  • 年齢
  • 収入

になります。

年齢も収入も相手が返済能力がある年齢なのかで見られる部分になります。収入が少ないアルバイトや収入が無い専業主婦でも、年齢が若かったり配偶者の収入がある程度あるならば審査は通過することができます。

次に申し込みをした後に在籍確認をされます。在籍確認の際は、職場で実際に仕事をしているのかの確認が職場に電話がかかってくることがあります。ここで電話が繋がらない、在籍を知らない人が出てしまって確認が取れない場合は審査に落ちてしまうこともあります。

そのため、自分の在籍を確認している部署の電話番号を入力する、電話番号をの入力に間違いがないかチェックすることが大事になります。

審査の基準は金融機関により異なっており、具体的に勤続年数や年収などの基準を発表しているところはありません。ただ、勤続年数が長いこと、自宅の住宅ローンが無いこと、他社に借入などを行なっていないならば、審査には通りやすくなります。

逆に勤続年数が短く、他社の借入やクレジットカードの支払いを延滞してしまったことがある人は審査に通過しない可能性もあります。

例としては、Aさんがカードローンの借入をしたいと思っていました。

Aさんのプロフィールは

  • 職業:会社員
  • 年収:400万円
  • 家族構成:3人(妻、子供)
  • 他社の借入金額:125万円(4社分の合計)

しかし、審査は通りませんでした。理由は他社への借入金額の大きさだと言われています。

このように年収や職業は良くても、借入があれば不利となります。

まとめ

カードローンでお金を借りる際はしっかりと審査の条件を正確に記入すること、提出書類を提出することが大事になります。

また、審査の通過基準は具体的に知ることができませんが、勤続年数が長く、年収がそれなりにあり、借入れなどをしていないことが大事になります。

このような点をクリアしていれば、どのカードローンでもお金を借りることができるはずです。