あまり使ったことがない人でもカードローンという言葉くらいは知っていることでしょう。そんなカードローンですが金利のことや返済のことなど色々と知って置いたほうが良いことがあるのです。

まずはどんな物がカードローンであるのか、金利はどのようなことで決まるのか、ということをよく知っておくとよいでしょう。それだけでもいざ、カードローンを使うときにはしっかりと選択をする事ができるようになります。それがとても大事なことになります。

要するに借金

カードローンと消費者金融やあるいは銀行などの金融機関などをやっている金融サービスの一つであり、要するに借金ということになります。基本的にはどうしても借りた場合には返済が負担になっていくということがありますので本当にいざというときだけに借りるようにしましょう。

金利は?

カードローンでお金を借りようとする時にはどのような金利になるのかというのがやはり最大の懸念であると言えるわけです。実はこれは表示されている上限金利というのがほぼ最初には確実にそれが適用されることになります。

つまりは、とあるカードローン業者で金利は5%から18%の間で決めるとなっていても最初はほぼ間違いなく18%ということになりますのでその点は覚悟しておきましょう。

どのように金利を下げてもらうのかということなのですがこれは実績を積んでいくことによって可能になっていきます。

実績というのは一体どういうものかと思いますが、これは何度も借りて何度もきちんと返済していることができれば問題はなくなります。但し、これは融資限度額が増えるということによって起きることでもありますから総量規制などが引っかかっている場合などにおいては、その限りではありませんので注意しておきましょう。

審査とは?

カードローンではまずそもそもカードを発行してもいい人であるのかどうかという審査が行われることになります。

これは銀行系以外であれば総量規制などに引っかからないということが重要になったりするわけです。総量規制というのは年収の1/3を超える金額を貸してはいけないということであり、つまりは無職の人には勝てないということになるのです。

また審査というのはどこに勤めているのかとかどのくらいの収入があるのかとか、あるいは今までの金融遍歴なども調べられるだけ調べられるということになりそれで総合的に黒子の人ならば貸すことができるかっていうことが判断されてカードローンが発行されたときに上限金額というのが決められるわけです。

返済は?

いざお金をうまく借りることができたとしても当然返済をしていかなければならないということになるのですがどうも行ったことがない人にはわからないことでしょう。

簡単に言いますと業者がやっている自動貸付機などで申し込みをしたり返済をしたりということができるようになっています。

業者によってはコンビニの ATM などにも提携していたりすることがありますのでそこからの変態というのも今では珍しくなくなっています。返済というのは約定返済と随時返済というものに分けられることになります。

随時返済というのは約定返済以外での返済のことであり、約定返済というのは毎月この金額だけは必ず返してくださいというような約束をした金額ということになります。約定返済に関しては業者が設定するということになりますので自分がいくらと指定することはあまりできることではないです。

但し、リボ払いというような形で上限いくらでということをやったりすることができる場合もあったりするので実はそこそこ自分で計画的に約定返済をすることも可能になっています。

まとめ

カードローンは要するに借金をするわけですから、慎重になる必要性があります。審査の内容は収入であり、これまでの金融遍歴を見られることになります。

返済はATMや業者に自動貸付機などから行うことができます。返済の方式には約定返済と随時返済があります。基本的に約定返済をやっていき、余裕があれば随時返済を、と言う形になります。